結婚相談所を利用するなら種類について理解する

笑顔のレディ

将来の相手を探そう

晩婚化が進み40代でも独身でいる人が増えていますが、結婚相談所に加入することで、無理なく将来の結婚相手を探すことができます。データベースからマッチングしてくれるので、やみくもに探すよりも効率よく自分にふさわしい相手が見つかります。

MENU

乾杯

名刺があると便利

街コンは気軽な出会いが多い婚活イベントですが、内面を重視した出会いになるのでいい出会いが見つかることも多いのです。第一印象が大事なので服装と髪型を整えるのが最優先です。名刺は持って行くと便利なのでおすすめです。

男性と女性

ルールと適したマナー

大阪の婚活パーティーでは、ローテーションで行われるトークタイム、自由に話せるフリータイムがあります。トークタイムでは住所や仕事など、プライベートな事を聞きすぎないように注意してください。また、フリータイムでは同性同士で会話はせず、積極的に異性に話しかけるようにしましょう。

男女

プロフィールを準備する

京都の結婚相談所に登録するには、プロフィールの用意や希望条件の決定などが必要です。そうしないと、適切な相手を見つけられないからです。また、成婚率が高く、評判のいい結婚相談所に登録した方が迅速に相手を探せます。

中年の男女

登録者が多い

40代で結婚相談所に登録する人はたくさん居ます。また、様々な事情を抱えている人も多いので、偽りのない情報で登録しても希望に合う人を見つけることは可能です。まずは登録してみましょう。早い人では数ヵ月で成婚することもあります。

複数の男性と女性

初めて参加するという人は

合コン初心者であっても比較的参加しやすいとして注目されるようになっているのが街コンです。初心者が参加する際に事前に確認しておくことは規模と開催される場所です。規模によって参加しやすさや会話時間なども変化し、開催される場所によって集まりやすい人が違ってくるのです。

女性たち

主催によって費用は異なる

大阪で婚活パーティーに参加する場合、費用や内容を確認してからにしましょう。実に様々なものがあります。主催によっては会費さえ支払えば誰でも参加できるものもあるので、情報を調べてみましょう。会費はリーズナブルなものが多くなっています。

相談所の2つの種類

カップル

性格に合わせて選ぼう

京都の結婚相談所には、仲介サービスに特化したところと結婚情報サービスに特化したところがあります。仲介サービスは京都にある昔ながらの結婚相談所で、カウンセラー等による手厚いサポートが特徴です。一方、結婚情報サービスはコンピューターによるデータマッチング機能を駆使したサービスをメインにしています。会員数は京都の結婚情報サービス型結婚相談所の方が多い傾向にあり、多くの相手と出会えるチャンスがあります。力を入れているのは、仲介するよりも集客と顧客同士が出会うための構造作りをすることです。広告宣伝費を潤沢に使い、仲介サービスには力を入れていないことが多いため、会員が支払う費用は仲介型よりもリーズナブルなことがほとんどです。結婚情報サービス型は結婚のお相手候補情報を大量に提供してくれるというのが最大のメリットとなるので、始めから終わりまで自分で行動できる人に向いています。例えば理想とする結婚像がはっきりしている人や結婚までの道のりにどんな行動が必要かを見極められる人、自分が持っている魅力を最大限にアピールできる人など、積極的なタイプの人です。反対に消極的なタイプの人は、担当者が最初から最後まで二人三脚でサポートしてくれるので、京都の仲介型結婚相談所が向いています。具体的な結婚像が明確になっていない人でも、カウンセリングではっきりしてくるでしょう。ただ、担当者との相性が大切になってきますから、一緒に婚活して理想の結婚ができそうと感じられるか否かが選ぶポイントとなります。